2005年12月31日

体の大掃除

一年の最後に垢落とししようと思ったが、みんな同じことを考えるらしく銭湯のアカスリは混み混み。
代わりにサウナで汗を流そうとしたわけだが、張り切り過ぎてのぼせた。
危うく嘔吐&下痢噴射するところだった。全裸で。

しかも、使ったシャワーが壊れててお湯が止まらない。
ドリフのコントみたいに困った。全裸で。

サウナ内のマットを交換する女性が意外と若かった。
まだ全然おばさんじゃない。
なんでこの仕事を選んだのか聞いてみたい。
後学のために。
posted by のびゆく子 at 21:07| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

彼女が怪我をした理由

電車で静かに文庫本を読んでる女の子が、眼帯を着けていた。
多分普通に可愛い子なのだが、眼帯が更に引き立てる。
別に何かのアニメに影響された包帯フェチなわけじゃないが。

何となく訳あり風なのが良い。
眼帯を着けているのにも関わらず、可愛さは隠せない。という感じを醸し出すのか。

ふと足元をみると、濃い目のストッキングの下にもかなり広範囲に包帯を巻いていた。
少し引き始める。
ヤンキーの人なのだろうか。

全然なんのためにもならないが、事情を聞いてみたい。
こんなおしとやか風の彼女が怪我をする理由を。

余計なお世話なので聞けないけどさ。
posted by のびゆく子 at 18:20| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

チャイルドシートの脅迫CM

テレビで流れるチャイルドシートのCMで、子供の姿勢についてアピールしてるものがある。
腰を曲げた状態では、脳への血行が悪くなって障害を引き起こす可能性があるという。
座ってちゃだめじゃんということ。
だから、寝そべるタイプのこの商品を買え。と。

こんなこと言われたら、子を持つ親だったらその商品を買わなきゃダメだと思っちゃうじゃないか。
既に買ったチャイルドシートが座るタイプだったら、めちゃ後悔するやん。
こんなの脅迫やん。
卑怯やん。

なんとなく関西風に憤りを感じる。


いや、うちはチャイルドシートメーカーの人でもないし、子を持つ親でもないんですけどね。
でもひどい。
posted by のびゆく子 at 23:50| 上海 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

記事には欠かせない情報がある

ボーリング代を踏み倒したおじさんが逮捕された。
48ゲームも投げ続けたが、お金を持っていなかったらしい。
で、その記事のおしまいには丁寧にスコアまで書いてあった。
平均150点くらいで、48ゲームの終盤でも120〜130だったとか。

窃盗事件としては、被害額2万円超という数字のほうが重要だろう。
けど、48ゲームも投げる人のスコアも気になるだろ?
という記者さんの思惑がチラ見えする。

昔、露出狂が逮捕された小さな記事が雑誌か何かで紹介されていた。
男が逮捕されたという記事の後に、
”当日の天気は快晴。気温は10度だった”
と言うような記述が淡々と書かれていて趣深かった。


ときどきネットカフェに何日も居座った人が逮捕されることがある。
そんなときは、読んでた漫画や閲覧したサイトも記事に載せて欲しい。

posted by のびゆく子 at 18:29| 上海 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

サンタさんがくれたトロ

自分のところに来たサンタさんは、比較的若い方でした。
深夜にお寿司をごちそうしてくれました。
回らないお寿司です。
カウンタに座って、握りたてをそのままいただきました。

最初に大トロ中トロだけのトロづくしを頂きました。
あんなにたくさん食べたのは初めてです。
ほんとうに甘くてとろける食感で美味しかったです。

そのあとは「おまかせ」でぱくぱく。
どれも大変美味しゅうございました。

大変良いクリスマスでした。
ただ、気になることが一つ。

ご精算の後、しきりにサンタさんは首をひねってました。
「おかしい、多分計算間違えてる。あんな値段じゃないよな・・・」と。
果たしてあの値段が高かったのか安かったのかさえ分からない私は、何も言えませんでした。

どうか、サンタさんが損してませんように。
そして私もいつか大人になったら、お寿司を人にご馳走できるようになりたいと思います。
posted by のびゆく子 at 21:49| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

JR東のマメな苦労

非接触ICカードで改札を通れるようにしましょう。
というわけでJR東のSuicaがサービス開始されて久しい。

カードをかざすだけでスムーズに改札を通過させたい。
そのためにずいぶん試行錯誤があったらしい。
その結果出来上がったのが、現在の改札機のデザインや形状だそうだ。
受信部の何処が光るのかとか、あの微妙な傾斜も設計の妙。
一番スムーズでかつ感知しやすいスタイルというのを実験で見つけ出した。

「タッチ&ゴー」というキャッチフレーズも苦心の作。
非接触なのに「タッチ」というのも最初は変に思ったが、今では違和感もない。


が、その「タッチ&ゴー」に待ったをかけたい人たちが現れた。
携帯電話端末のメーカーさんたち。

携帯電話のICカード機能にSuicaも取り込みたい。
携帯電話を改札機にかざして通過したい。
だが、端末の強度が問題だったらしい。

「タッチ&ゴー」を毎日繰り返してたら、数ヶ月で端末が壊れる。
定期入れをパシッと当てるように、端末機を扱われては困る。
昔から言われてたICカード利用の形態だが、意外な問題だった。


最近、モバイルSuica搭載端末が市場に出てきた。
それと時期を同じくして、改札機の受信部に透明なカバーが着用されている。
多分少しは柔らかい素材で出来ているのではないか。
改札はいつも人が多いのでじっくりと観察できてないのだが。

モバイルSuicaはJRのビューカードに加入しないと使えない。
ある調査では、モバイルSuicaを利用したい人は4割弱。
ただし、ビューカードの縛りがあるなら使いたくないと言う人も含まれる。
モバイルSuica対応端末のシェアだってまだまだ低い。

でも、JRは頑張って緩衝材を貼りまくった。
一枚の緩衝材がその生涯を終えるまでに、
一度くらいモバイルSuicaと触れあって欲しい。

posted by のびゆく子 at 17:03| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

有効期限って、おい。

忘れた頃に気が付いて腹が立ったこと。

ちょっと離れたところにある洗車場で、勧められるままにプリペイドカードを買った。
3,000円分のカードだが、それ以来使わないまま結構な時間が過ぎた。

で、こないだたまたま思い出してカードを確認すると
「有効期限:初回利用日から6ヶ月」だと。

そんな毎週洗車する訳じゃないし、そこをいつも利用しているわけでもない。
プリペイドカードに有効期限があるなんて。
購入を勧められたときにはそんな説明聞いてない。

プリペイドカードは使い切らない人がいるから利益になる。
きっとそういうことなんだと思い知らされた。

世の中ぼんやりしてると尻の毛まで抜かれそうだ。
posted by のびゆく子 at 23:58| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

思春期の甘酸っぱい覗き体験

中学生の頃、文化祭の準備で毎日遅くまで作業してたことがある。
みんなで夜食取ったりしながら。いい思い出だ。

ある晩、どんなテンションだったのか覚えてないが、夜中にかくれんぼすることになった。
鬼ごっこだったかも知れない。
そこで、自分は教室に置いてあるオルガンの陰に隠れた。

しばらくすると、かくれんぼに参加してない人が教室に入って来た。
男と女の二人。
直接聞いた訳じゃないが、二人が付き合っていることは知っている。
別に何かを始めちゃった訳じゃないが、僕に気づかずにトークしてる。
真っ暗闇の教室で。

さて、なんとなく気まずい。
出て行くタイミングを完全に失ってしまった。
どちらも同じ学年の友人だが、当時男女の交際は多少秘密めいてるものだから。

多分20分くらい経ったと思う。
友達が自分を呼ぶ声が聞こえてきた。
しょうがない。
オルガンの脇からおもむろに出て行った。
「あー寝ちゃった」とか何とか言った気がする。
信じたわけないと思うが。

「他人のセックスを見ちゃった体験」的なサイトを見てたら急に思い出した。
posted by のびゆく子 at 23:59| 上海 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

振り向けば、焼死体

レコード大賞審査委員長の阿子島さんが行方不明になっている。
朝のワイドショーでそんな話題を放送していた。

12日夜に自宅最寄り駅の監視カメラに写っていた。
それを最後に足取りが途絶えている。
そして13日早朝に自宅が全焼。
阿子島さんの奥さんは実家に出かけていて無事。
本人が見つからない。

というところまで朝は放送していた。
そして昼のニュースでは、焼け跡から焼死体が見つかったという。
焼けてから3日後に発見って、どんなでかい家だったのか。

まだ本人とは特定できてないようだが、可能性は高いだろう。
行方不明とか報道していた頃、実は報道陣の目の前に死体があったのだ。

仮に事件だとして、犯人の人は気が気じゃなかっただろう。
火事はニュースになってるのに、死体が見つかったという報道がない。
阿子島さんは行方不明扱い。
まさか、生きて逃げ出しているのか?
恐怖映画の登場人物の心境だったに違いない。

事実は小説より。

posted by のびゆく子 at 12:50| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

意外と身近な金融システム障害

東証の誤発注やらシステム不具合が話題になっている。
あっという間に百億円以上の利益とか損害が出てる信じられない世界。
百億円を現金で扱っていたら、運ぶだけでも時間がかかる。
書類に判を押すだけでも、手が震えて時間がかかるに違いない。
コンピュータシステムって怖い。

そんな矢先、身近にもシステム不具合の被害が出た。
申請した時間外労働よりも、少ない内容で給与明細が発行されている。
実際の支給日はまだ先だが、多分明細通りに支給されちゃうだろう。
同時に何件か申告があったらしく、総務関係の部署が原因究明中だそうだ。

PDFで配布される明細書をちゃんと見てなかったら、きっと気が付かない。
気づかないまま給料が10万円減っていたら、かなり死活問題だろう。

キャッシュカードの盗難等で現金を盗まれても、銀行が保証するとは限らないそ
うだ。
盗まれてから時間が経っていると、なおさら難しいらしい。
給与明細ならともかく、通帳なんてそんなしょっちゅう記帳するもんじゃない。
気づかないうちに残高が減ってて、気づいたときには手遅れなんてひどい。

以前、クレジットカードをスキミングされたことがあった。
身に覚えのない利用明細が届いたのですぐ申告できた。
が、気づかなければ引き落とされただろう。

知らないところでお金が増えたり減ったりするのは、便利だが危険。
年末ジャンボが当たったら現金で手元に置くことにします。


posted by のびゆく子 at 15:35| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

決まってた今年の漢字

いつの間にか決まってしまった「今年の漢字」
去年は地震や台風が多かったこともあって、「災」が選ばれた。
今年は「愛」だと。
(http://www.kanken.or.jp/kanji/kanji2005/kanji.html)

選んだ理由として
「最も必要としている物なのではないでしょうか」
なんてのもあった。
でも、2005年が「愛」であるべき理由には弱いだろう。
確かに、いろんなアイちゃんが活躍した年だけど。

「愛」とか「幸」とか、実際は毎年ランクインしてるに違いない。
それより今年だけの漢字があった。

「萌」

この言葉がこんなにメディアに出てくるとは思わなかっただろう。
今までは多少アングラっぽい言葉だったのに、あまりにメジャーになった。
きっと来年以降は「流行遅れ」感がつきまとい、誰も使わなくなるかも知れない。
そんな「萌」は12位。
これ以上メジャーになることを恐れたのか、ネットでの組織票は少なかったようですね。

posted by のびゆく子 at 14:26| 上海 | Comment(4) | TrackBack(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

残された人にはなりたくない

友人の友人の旦那さんが亡くなった。
残された奥さんをどう励まそうか、その友人がとても悩んでる。
詳しく聞くと、どうやら自殺だったらしい。
それも、自宅で寝てる間に抜け出して事に及んだらしい。

親しい人を寿命や病気で亡くしたことはあるが、自殺は経験ない。
残された奥さんの気持ちを推し量るなんてとても無理。
だから、どう慰めようか悩む友人へもアドバイスしようがない。
自分が何を言っても、薄っぺらい印象をありありと感じる。


米ドラマの1シーンで、子供を亡くした父親に友人が慰めるシーンがあった。
その友人も、奥さんが流産した経験があるらしい。
が、その父親の返事はこんな感じだった。
「俺が亡くしたのは受精卵じゃない。息子なんだ。
 慰めるなら、誰かを失って人生が変わってからにしてくれ」
ひどいセリフだが、実際に愛する息子を亡くしたばかりの父親なら言ってしまう
のかも。


お墓参りをする人が、必ずしも死後の世界を信じているわけではないと思う。
個人が喜ぶからお墓参りをするのではなく、生きている自分たちのために供養を
するのだ。
というような意味のことを言ってたのは栗田ゆう子氏。


親しい人を亡くしてしまった生きてる人間はたくさんいる。
その心の持ちようは本当に様々。
だけど、親しい人を殺された人の気持ちは間違いなく負の方向に傾くと思う。
殺したのが本人だろうが他人だろうが。
ましてや幼い子供ならなおさら。

通学の送り迎えに親が一緒じゃないと、いつか後悔する。
そんな世の中ではとても子供を作る気になれない。

posted by のびゆく子 at 19:45| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

ビ○○○とケンカしてその後

以前、仕立てたスーツの仕上がりについてクレームをつけたことのある。
その後はその御用達店から足が遠ざかっていた。
が、スーツを新調せざるを得なくなり、この度渋々行ってみた。

が、その時の担当がこっちの顔を見てもシカトしやがった。
覚えてないはずないのに。
「あの節はどうも」くらい言え。

ムカついたから、もうあそこには行かない。しかし、じゃあどこで買えばいいのか。
悩んだあげく、別の街の同じ店に行った。
前回のオーダー内容も参照できるし。

でも、前の店にも「あいつが他の系列店に行った」と知られるかも。
なんかこっちが悪いみたいでシャクだ。

posted by のびゆく子 at 23:32| 上海 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

深夜に下の世話

今年最初の忘年会で終電帰り。
帰宅して落ち着いて、そんな深夜1時に始めた作業が同居人の下の世話。

その前に食事を与えたのだが、深夜なので量を少なめにしたことを怒ったのか。
食った直後に少しプリっと出したので安心して部屋に放したのだが、そこでまたもぷりぷりと出しやがりました。
2段構えなんて滅多にないこと。
お腹にうんにょを付けて部屋を歩き回られるわけにはいかないので、今夜は早々に水槽へ戻ってもらいました。

ごめんね。
帰りが遅くなって。
posted by のびゆく子 at 01:16| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

これも逆に味わい深い。

通勤途中、前を歩く女性に目を奪われた。
後ろ姿だけだが、凛としてなんかかっこいい。
手にはシモジマの紙袋。気取らない姿。

交番の前を通るとき、中にいるお巡りさんと一言二言挨拶を交わしてた。
気さくな人らしい。職場の周りの地域とも交流を持ってるのか。

見た目(後ろ姿)も中身もさりげなくかっこいい。
いいよーいいねー。あなた。

そんな彼女、そのまま警察署へと入って行った。
婦警さんだったのか。どおりで。

スラッとかっこよく歩く婦警さん。の私服姿。
これが逆制服萌えか。
posted by のびゆく子 at 20:53| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

大人の遊び

子供の頃、レゴブロックで遊んでた時期がある。
あれでなかなか高価なおもちゃで、親に買ってもらうのも一苦労だった。
そして大人になった今、ビックリマンチョコを大人買いする代わりにレゴを買ってみた。

バラバラの状態がこれ。

bara

昔は消防署や警察署などの建物や、車なんかが多かったと思う。
そして、友達とアイディアを出し合ってオリジナルの創作もたくさんした。
むしろオリジナルのほうが多かった。
今はそんなヒマはない。
頭が固くなったせいもあるが。

というわけで、初めてかも知れないが設計図通りにやってみた。
まずは鳥系の恐竜。

tori

そして、四つ足の恐竜。

sai

なんだか昔よりも精巧な気がする。
それとも、昔からこれくらい出来るおもちゃだったのか。
子供の頃はこんなにたくさんのブロックを使う創作は出来なかった。
たくさんのブロックを買うと高いから。

設計図通りに組み立てただけだが、これだけ綺麗に出来ると嬉しい。

そして、今度はもっと大作に挑む。
乞うご期待。
posted by のびゆく子 at 23:20| 上海 | Comment(0) | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

お悔やみ申し上げ候

ご愁傷様。

これを言うときは、本来使うべき場面じゃないことのほうが多い。
失敗した人・貧乏くじを引いた人なんかをからかうときに言う。

そんな使い方をすることが多いせいで、本来悔やみを言うべき時にこの言葉を使えなくなってしまった。
こんなときに不謹慎な、と言う感じで。

言葉は生き物。
使うべき場面も少しずつ変わってしまう。

仕事でごめんなさい文書を作っているとき、「想定外の」なんて言葉を使いにくくなってしまった。
まんまと流行語大賞なんて取ってしまったし。
今年の漢字が「想」だったらイヤだ。
posted by のびゆく子 at 19:55| 上海 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

ユザワヤでお買い物

ユザワヤと言えば、手芸のお店というイメージだった。
実際に入ってみたら、結構な何でも屋さんだった。

特に目に付いたのが模型類。
天井を鉄道模型がシュシュシュシュと走ってた。

そう言えば鉄道模型は大人の趣味。
たいそうな値段がするそうだがどんなもんだろうと覗いてみた。

これっくらいのちいさな模型が、当たり前のように1万円以上の値段でショーケースに並んでる。
プラモみたいに組み立てる楽しみもない完成品なのに。
走るから高いのか。
精巧に再現してるって言うのもウリなんだろうが。

が、大きくて高いのもあった。
どでかいケースに収まった「1/8スケール D51」
もはや売り物じゃない。
部屋に置くような物じゃないから。
犬や子供なら乗れそうなサイズ。
そしてお値段は・・

12,000,000円。

こんなの買える人なら、部屋に飾ることも出来るか。
でもきっと、離婚覚悟に違いない。

と、既に頭の中でドラマが完成している。
posted by のびゆく子 at 21:07| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。