2006年05月31日

霊感はあるのかな?

怪談話は好きだが、実際幽霊を信じているかというと、そうでもない。
そんな自分が唯一体験する、今も継続中のちょっとしたお話。

お仏壇の前に立つと、不思議な感覚に襲われる。
頭の中が急に涼しくなってクラクラしてくる。
そのまま倒れ込んで目をつぶったら気持ちよさそうな。
急で深い立ち眩みのような感じ。

子供の頃から、田舎の祖父母宅へ行って仏壇の前に出るたびに経験した。
その後はなかなか仏壇を見る機会がなかったが、それでもたまに行くと必ずそうなる。
お墓でも感じることがある。

先日親戚が亡くなった。
お葬式には間に合わなかったが、まだ納骨する前の叔父さんに最期に会うことが出来た。
そのときも、不意に立ち眩みに襲われた。
そんな癖があることなんてすっかり忘れていたのに。
同じように、その瞬間まで忘れていたのに急に目眩がすることが多い。
自己暗示かもと思っていたが、そうでもないらしい。


さて、今朝はすぐご近所で殺人事件があった。
息子が両親を路上で刺殺。
そして自分も自殺。
アスファルトに血痕が広がっている生々しい写真を見た。

不謹慎ではあるが、その現場に行ってみようと思う。
歩いて15分くらいの場所。
立ち眩みが起こったら、その場には何か残っているかも知れないね。
posted by のびゆく子 at 23:42| 上海 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

今日のジャンクSPORTSを見て分かったこと

小倉優子をクルクルクルクルとスピンさせる。
そしたら村主章枝になってると思う。

ちゃきちゃきの大阪娘だった神野由佳。
JOCのトリノ五輪公式ページの選手紹介で、趣味は「寝ること」
男子大学生か。

ニュースJAPANではお人形さんのようにしゃべる滝川クリステル
普段のしゃべりが少し見られて良かったです。
posted by のびゆく子 at 02:17| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

藤本修二という名前

清原和博はここ毎年その去就が注目され、かろうじて現役を続行している状態に見える。
かろうじてであっても続けているので、記録も付いてくる。

2年前は2000本安打。
去年は500本塁打。
今年は1500打点。
2000本安打のあとももちろんヒットはあるから正確にはちがうのだが、ヒットとホームランの比率が極端でないか。
ヒット4本に付きホームラン1本。
あと打点も割合が高い。
ヒット4本で打点が3つ。
あと多分三振率も非常に高いのだろうけどね。

ところで、記録達成するたびに出てくる名前がある。
元南海の藤本修二投手。

「清原選手の初安打は藤本修二投手から」
「清原選手の初ホームランは藤本修二投手から」
「清原選手の初打点は藤本修二投手から」
何度も何度も名前が出てきて、藤本さんも苦笑していることだろう。
清原の初ヒットが藤本投手からのホームランだったから仕方ない。

最近は4000塁打でまた藤本修二投手の名前が出てきた。
どうせなら初三振とか初死球も藤本投手だったら、事あるごとに気分良く名前が出てきたのに。

でも、死球は別か。

posted by のびゆく子 at 00:09| 上海 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

誕生風車と老人ホーム

新しい地図記号が出来ている。
それも、公募から採用したもので、子供による発案だそうだ。
今回採用されたのは、「風車」と「老人ホーム」

地図を見て風車や老人ホームを探す人が果たしているのかどうか。
でも、茶畑とか果樹園とかの記号があることを考えると、風車の存在価値も何となく分かるかも知れない。

で、採用されたマークがこれ。
国土地理院のPDF資料

風車の小首をかしげたような姿が可愛らしい。
老人ホームの杖らしきマークも、なんとなくいたわりを感じる。


ところで。
風車のマークに少しでも卑猥感を抱いた人、あなたは病気の可能性がありますからね。
posted by のびゆく子 at 14:59| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

女たちのポーカーフェイス

電車内でたまたま周りに女性が多かった。
前後左右どっちにヨロめいても、女性に当たる。
いつもはオッサンに遠慮なく寄りかかるのに、今日は自力で頑張って立つ。
俺って紳士。

そんな中、急にあの独特の匂いが。
オナラ臭。
しかも塊で襲って来た。
発生源は近い。

周りの女性たちはみな平然としている。
正直に言うこと。なんてルールは無いが、何故か嘘をつかれた気分。

オッサンの屁をかいだときとはまた違う種類の精神的ダメージ。

ま、おなごの屁で興奮するようなことが無くて良かったと思おうか。
posted by のびゆく子 at 23:25| 上海 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

都会人の天気予測

画期的な法則を見つけた。

朝の電車で傘を持った乗客が多い日は、夜には雨が降る。
二日続けて見られた現象。
朝の天気が悪くなくても、雨が降る。

野生を離れた文明人たちだが、その辺のカンは衰えてないらしい。

ぼくはひそかにそれを利用して天気の予測をたてる。

惜しいのが、傘を持つべきかどうか家を出る前に分からないこと。
あと一歩なんだが。
posted by のびゆく子 at 21:05| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

220円の行方

とあるお店で食券を購入した。
買う前から気が付いていたが、釣り銭の取り忘れがある。
220円。780円の食券を買ったのだろうか。

自分の釣り銭と一緒にその小銭も取り出して店内へ。
店員さんへ食券を渡すと共に、「これ券売機に残ってましたよ」と220円を渡す。

店員さんは、他の先輩店員に聞いていた。
「これ(釣り銭の忘れ物)も書くんですか」
忘れ物の管理簿でもあるんだろう。

先輩の答えは「いいから入れといて」
と店内の金庫を指さす。
言われたとおりにお金をしまう店員さん。
金額を書き留めることもしない。

たかが220円を猫ばばして夢見が悪くなるのもいやだけど、見せに猫ばばされるのも気分は良くないものだ。
ちなみに自分がおなじ店に忘れ物したときは、ちゃんと取っておいてくれたのだが。

後から気が付いたのだが、自分の前に食券を買った人はきっと店内にいたに違いない。
ぼくと店員さんのやりとりは聞こえていたはず。
俺のかも知れない。
そう思いながら、確認もされず店の金庫に飲み込まれた小銭を見つめていたのだろう。
悪いことをした。
やっぱり僕がもらっておけば、皆が幸せだったのだろうか。
posted by のびゆく子 at 22:29| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

音ゲー「サリング CIRRING」

人づてに教えてもらったFLASHゲームが面白い。
「サリング」

音楽に合わせて画面上にリングが現れる。
そこにカーソルを順に合わせていくだけ。
タイミングよく合わせると、ちゃんと音も鳴る。

stage3start
(画面イメージ)

どうやらFLASHゲームコンテストのようなものの応募作品らしい。
今時の若者はいい物を作るね。

3曲用意されていて、難易度別に計6ステージが楽しめる。
続編を作成する気があるかどうか知らないが、ぜひお願いしたい。


とはいえ、未だに最終ステージをクリアできていない。
HARDモード「激」の2面目まではクリアできたのだが・・

stage2clear
(大変でした)

〜〜5月27日追記〜〜

stage3clear
(もっと大変でした)

最後のヒステリックなシーケンスは、「こいつクリアさせる気ねーな!?」と思わせるものでした。
posted by のびゆく子 at 03:33| 上海 | Comment(5) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

テポドンが来るよ

テポドンが飛んでくる。
かも知れない。

何年か前にも、北朝鮮がミサイルを発射したことがある。
そのミサイルは日本上空を通過して太平洋に落ちたそうだ。

自分の頭の上をミサイルが飛んでいったというのに、なんでみんな平然としていられるんだ。
そんな風に怒ってる知人がいた。
日頃自衛隊とか北朝鮮とかに過敏な反応をするタイプの人間じゃないが、やはりショッキングなことだったのだろう。


今回話題になっているテポドン2は、射程約3500〜6000kmだと言う。
このおおざっぱな射程距離は、どう解釈すればいいのだろう。
1km先や100km先に落とすことは出来ないのだろうか。
それなら、逆に日本は近すぎて安全だと言えるかも知れない。

箸が長すぎて豆をつかめない、みたいな感じ。
金持ちになりすぎた前社長とか。

とはいえ、予定通りの性能が出なくて途中で落ちる可能性もあるわけだが。
そのとき将軍様は、弾道の真下にいないように気をつけていそうだ。
posted by のびゆく子 at 16:33| 上海 | Comment(0) | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

男の子のからだを持つ女の子

性同一性障害の子を、本来の性別で受け入れている小学校があるという。
その子にはおちんちんはあるが、女子児童として通っている。
プールの授業では女子の水着を着てるし、トイレも女子用。
今のところ混乱はなく、何かあってもその都度対応を考える。との学校側コメント。

性同一性障害という言葉も知れ渡り、一般の社会では大人の対応がなされているだろう。
が、小学生はなかなかそうも行かないのではないか。
そういう複雑な事情の子がいたら、いじめの対象になりかねない。

学校名などは報道されていない。
けれども、男っぽい女の子に対して「あのニュースはおまえのことじゃねーの」
というような冷やかしが生まれていそうだ。
そもそも物心つく前から、そういう子がいることを普通に教えておけば問題ないかも知れないが。

しかしこれから思春期を迎える子供たち。
僕の好きになった子が実はおちんちんを持っている。
障害を持つ本人はもちろん、相手の男の子も苦悩しそうだ。


とりあえずまもなくやってきそうな問題が一つ。
林間学校や修学旅行の時、お風呂は女子児童と一緒なのだろうか。
男湯に入れられるのは耐えられない苦痛だろう。
けれども、女湯でおちんちんを出すことも苦痛だろう。
見せられる方もイヤだろうけど。

人ごとながら非常に心配だ。
おちんちんおちんちんと連呼しすぎたことも心配だ。
posted by のびゆく子 at 19:59| 上海 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

密室の男女

初対面の女性と二人で車に乗る機会なんてあまりない。
最近記憶にあるのは、不動産屋の現地案内のとき。

現地を見てから帰ってきて、駐車場で今後のことを話していた。
向こうは運転席で、こちらは後部座席。
彼女が前を向いたまま話すので、こっちもぼんやりときょろきょろしながら答えていた。

ふと、制服姿の彼女を眺める。
タイトスカートからすらりと伸びる足。ふともも。
何となくぼんやり見ていた。

はっと気が付いた。
彼女とルームミラー越しに目が合う。
ずっとこっちを見ながら話しかけていたのだ。
太股への視線に気が付いていたに違いない。



幼少の頃、保育士さんから親への毎日の通信文にて
「おっぱいを触りたがる」と書かれたことがある。


そのとき以来の気まずさだった。

posted by のびゆく子 at 23:25| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

しずちゃんのお巡りさん

警察署の前で立っているお巡りさん。
木刀を持って睨みを効かせている。
が、実際に通りを睨んでいるわけではなく、同僚と談笑していたりする。
たぶん、僕らが声をかけても笑顔で応対してくれるだろう。
威圧的にならないようにと、気を使っている感がある。

今日見かけたお巡りさんは女性だった。
やっぱり木刀を持って立っている。
夕方だったので内勤の方が帰宅するところだったのだろうか、中から出てきたオジサンと笑顔で談笑。
声も笑顔もとても可愛い。
こ汚いオジサンと笑顔で話してるあたり、きっと性格も良いのだろう。

ただ、体つきは南海キャンディースのしずちゃん以上だった。
190cm90kgは堅い。

適材適所を東京の下町の警察署で見たという例。
posted by のびゆく子 at 00:00| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

TBS女子アナの芸人度

古くはランク王国での進藤昌子だろうか。
TBSの女子アナはコスプレしてはっちゃけるのが伝統なのか。
小林麻耶もすっかり色物キャラとして活躍している。

TBSチャンネルのチャンネルガイドでは、ミツバチか何かの着ぐるみでお色気キャラなのかブリっこキャラなのか判然としない演技っぷり。
小林麻耶単独のNG集で30分番組にして流すくらいの無法ぶり。
CSならではのグダグダっぷりか。

スタジオでニュースを読むアナウンサーに憧れて入社した人も、一歩間違えば(適正を見抜かれたら)こんなことになるのだろうか。
心から楽しんで着ぐるみでいじられていると、信じたい。
posted by のびゆく子 at 00:44| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

通勤電車でのミッション

電車で隣に座った中年男性が、なにやら携帯をいじって耳に当てている。
4桁の番号を入力して発信しているようだ。
それを何分かおきに繰り返す。

4桁の番号といえば、留守番電話の確認だ。
電波が悪くて受けられなかった電話がないか、心配なんだろうか。
しょっちゅうメール問い合わせする若者みたいだ。
ちょっと依存症気味なんじゃないか。

もしかしたら、よほど大事な電話がかかってくる約束があるとか。
今まさに身代金の運搬途中で、犯人からの指示を待ってるのかも知れない。
つまんない理由で電話を取り逃したら、息子の命が危ない。

あるいは、彼が犯人なのかも。
入力してるのは、時限爆弾の起動を抑止するコード。
彼の身に何かがあって一定時間それが入力されないと、どこかで何かが大爆発。


おいおい居眠りすんなお前。
大事な任務の最中なのに。

posted by のびゆく子 at 14:58| 上海 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

無事コンタクト購入できたよ

ようやくコンタクトレンズの替えを購入できた。
1年半以上ぶりに、使い捨てコンタクトを購入。

以前山のように売ってくれた店はもうないので、新たに購入先を探した。
が、街のコンタクト屋さんはみんな高い。

というわけで、結局通販に手を出した。
処方箋もいらない海外ルート。
街で買うよりも1000円以上安い。
ちょっとうさんくさいのかな?と身構えたが、無事に品が届いた。

送り元はシンガポール。
もちろん国際小包で、配達記録バーコード付き。
中身は日本語パッケージのコンタクト。
取り扱い時の注意事項欄には中国語?のシールで上貼りしてある。
どうやら香港に関係しているようだ。

日本で買うと透明のビニールに包まれているが、こちらにそれはない。
代わりに銀色のテープで封印してある。
未開封のバイシクルと同じ。

ほんのちょっと日本で買ったのとは違うが、どうやら品物は大丈夫だろう。
あとは、この行為が違法じゃないことを祈る。
だいじょうぶなんだよね?きっと。
posted by のびゆく子 at 23:46| 上海 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

競馬場の優しさ

競馬場の電光掲示板に、レースの着順とそれぞれの差(ハナ差とか1馬身とか)が表示される。
レースの途中で進路妨害等の不正らしきものがあった場合、審議が行われて、その結果で着順が変わることがある。
そのため、審議中に電光掲示板へ表示する着順は暫定順位。
そのときは、「審」マークと青ランプが掲示板に点灯している。
審議がなかったときや、審議した結果が確定したときは赤ランプが点灯する。

一般的に、青は安全で赤は危険のサインであることが多い。
が、競馬場の掲示板では赤が確定で青が審議中。
なんか逆に思える。

きっとこういうことだろう。

ゴールした順で、大勢の人が、自分の馬券が外れたと知る。
しかし、審議が行われている間は、まだ外れと確定した訳じゃないよ。
確定してしまったら、外れも確定。
残念でした。

というわけで、まだ望みを捨てずに済む青と外れ宣告の赤。
大多数の外れ馬券保有者の心情に合わせているのだ。

そんな競馬場の粋な計らいを知ると、外れても気持ちが和みますね。
posted by のびゆく子 at 21:26| 上海 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

けなげに生きる植物・・かと思ったら

階下の住人は車好きの男。
ちょっと無骨な感じ。
そんな彼が、ベランダで花を育て始めた模様。
ベランダの目の前が駐車場だから、その気がなくても自然と目に入る。
彼のベランダで、一本だけスクっと伸びた60cmほどの太い茎が見えるのだ。
ひまわりのような太い茎が。

ベランダの外壁は一部しか柵状になっていないので、どんな植木鉢で育てているのか駐車場からは見えない。
が、彼の部屋は角部屋なので、アパート横の通路から中が覗ける。

見ると、植木鉢なんか使っていなかった。
ベランダの床から直に生えていたのだ。
正確に言うと、床とベランダ外壁との境目から伸びている。
(写真を撮りたかったが、他人の部屋なので自粛)

育てているんじゃなくて、生えてきてしまったのだろう。
あるかないか分からないくらいの隙間から伸びてきて、太い茎を地上で育てる植物の生命力。
そのうちベランダの床を砕いてしまうかも知れない。
しかも、どんな植物か分からないが、いずれ2階の部屋まで到達するかも知れない。

がんばれ名も知らない植物。
いつか僕の部屋で会おう。


・・と思ってたら、突然植物が消えた。
跡を覗くと、生えていた場所になにやら葉っぱらしきものが散乱している。
それが一直線のラインを描くように散らばっている。
まるで、そこから抜け出た植物が、根を引きずりながら去っていったかのようだ。


やつらはずっと地面の下にいた。
地球人対宇宙人の戦いが始まる。
主演はまたトムクルーズで。


線状に散らばってると思ったのは、倒れて枯れたその植物そのものだったんだけどね。よく見ると。
もっとがんばって欲しかったが、残念。
posted by のびゆく子 at 11:48| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

連休の定義

ちょっとカチンと来たこと。

5月3日にモスバーガーに行った。
モスの店頭には、店からのちょっとしたメッセージを書いた黒板がある。
「そろそろ暖かくなってきました・・・」など、時世のあいさつや話題のスポーツについてなど。
それを集めたブログもあったはず。

そんなモス店頭に、5月3日なのに書いてあった言葉。
「連休も後半に入りました・・・」
今日が初日ではないのか??
9連休が世間一般のGWなのか?

と、軽く憤ってみた。

が、これを書いたのはモス店員。
彼らは今日も働いている。
連休なんて9日でも5日でも関係ないのだ。
それなのに、客の連休についてにこやかにメッセージを書いている。

休めるだけでもありがたかったです。
反省。
posted by のびゆく子 at 21:27| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

GW初日は下の世話

un1

墨汁をこぼしたような染みだが、そうではない。
カメのウンコだ。
水替えのために外へ出したら、その隙に垂れやがりました。
しかもご丁寧にお腹で汚れを広げて歩いてた。

un2
サイズがわかりやすいように携帯を置いてみた。

カメのお腹も汚れきっていたので、水槽には戻さずに台所の流しへ連行。
お湯を出して自分で綺麗にしてもらおう。
打たせ湯とでも言おうか。
un3

あまりに気持ちよかったのか(それともいきなり知らない場所に来て怖かったのか)、ここでもヒリ出しやがった。
さすがに量は少ないが。
un4


ま、最近便秘気味だったので、出してくれて一安心ではあるのだが。
目立つ場所で出してくれて良かった。
すぐに気が付かなかったら、悲惨な部屋になっていたことだろう。

さて、GW初日から、大物を洗えるコインランドリーへ行く羽目になった。
posted by のびゆく子 at 14:20| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

殺害に至る衝動(18禁)

※ 不快な内容を含んでいますのでご注意ください ※


続きを読む
posted by のびゆく子 at 19:10| 上海 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。