2006年07月30日

抽選に当たった・・・らしい

ネットで自分の個人情報を晒してしまった。
ロッテのキャンペーンに応募したのだ。

たまたま良く食う湯上がり用アイス「爽」が対象商品だったので、せっかくだからとポイントを貯めて抽選に挑む。
するとどうでしょう。
まんまと当選したようです。
そして促されるままに住所等の情報を入力。
もしもコレが悪質サイトだったらどうしようなんて思いながら。
ロッテの公式サイトだと信じて入力しました。

というわけで、iPod shuffle&スピーカの到着を待ちます。
無事に届きますように。
そして、別に欲しかったわけでもないこの景品をどうしようか、これから考えます。

あ、今度の話はホントです。
7月だしね。
モノが実際に届くのかどうかは分からないけど・・・
posted by のびゆく子 at 23:55| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

不似合いなペット

足の長い犬がいた。

nagaiDOG

自分がある店の前でぼーっと立っていると、この犬を連れたおじさんが来店し、表につないでいったのだ。

おじさんがいなくなって寂しそうにも見えるけど、このモデル級に長い足はキリっとしていて元気そうにも見える。
あとから来た客も、みんなこの美犬に目を奪われる。
足なげー!と声に出す子供もいる。

ホントにすぐそばに立っていたわけだが、「綺麗な犬ですねー。私も犬好きなんですよ。うふふ」なんて声をかけられることは一度もなかった。
僕の飼い犬には見えませんか。そうですか。
posted by のびゆく子 at 23:20| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

迷いトンボ救出

暦の上ではもう秋。
・・・適当に言ってみた。

ホントの秋になっても、空一面トンボが飛んでる光景というのはもうなかなか見られない。
というかトンボそのものが珍しい。
そんな中、まだ7月だというのに迷いトンボが現れた。

コンビニの店内でバタバタ言う異音が響いていた。
店の大きなガラス窓にトンボがぶつかっている。
外に出られないのだ。

いつか幸運に自動ドアから出て行けるだろうか。
それともあえなく力尽きるのだろうか。
などと眺めていたら、突然トンボに襲われた。
と言うか、肩口にとまった。
疲れたのだろうか。

トンボが飛び立つ気配を見せないので、そのままそーっとドアを出る。
万引きだと思われても困るので、取っていた商品はそのまま床に置いて。
変な客だと思われたことだろう。

外に出ても飛び立たないトンボをそのままぱちり。
少し左の羽が欠けていた気がする。
窓と喧嘩した結果だろうか。

tonbo

最後はちょっと無理矢理飛んで行ってもらった。
まだまだ夏は始まったばかり。
いい嫁さんを見つけて下さい。
posted by のびゆく子 at 19:19| 上海 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

消えたツバメの巣

先月ツバメの親子の話を書いた。
それからも車で通りかかったときに減速して覗き込んでみて、親ツバメの姿を確認してた。
そして今日徒歩で通りかかったときに、例のガレージにまた不法侵入してみた。
が、親ツバメも子ツバメもおらず、巣もなくなっていた。

ヒナが巣立つとき、ツバメは巣を片づけていくのだろうか。
自分の記憶では、夏が終わっても空いた巣は残っていた気がする。
ということは、ガレージの管理人か住人によって撤去されてしまったのだろうか。
車が汚れるとかの理由で。

一軒家のガレージに巣を作っている例を見たことがある。
その家では、車のボンネットに新聞紙を敷いて糞対策をしていた。
つまり、ツバメと同居する体勢を整えたということ。

このマンションではツバメを拒絶したのかと思うと悲しい。
ヒナが巣立つとき、育った巣を蹴り壊して飛び立っていくのだと信じたい。
posted by のびゆく子 at 23:39| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

怒ったら頭突き

ジダンの頭突きが世界的に話題になって、W杯の一番と思い出となったこの夏。
おかげで、イギリスの競馬騎手の頭突きもニュースになってしまった。
三菱の自動車炎上とか電車のオーバーランみたいに、今の旬は頭突き。

で、その騎手が頭突きした相手はお馬さん。
しかも自分が搭乗していた馬。
振り落とされた腹いせらしい。

落とされたのも頭突きしたのも出走前。
頭突きされた馬も、そのままその騎手を再び乗せて完走したらしい。
関係に亀裂は入らなかったのか。
それとも友情を確かめ合って絆が深まったか。
頭突きなんて大げさな物じゃなく、単にじゃれてただけなのかも知れない。


それにしても、なんで頭突きなんだろう。
ジダンの場合は少しは分からなくもない。
が、騎手だったら鞭とか使えばいいのに。
走り出されても困るけど。

欧米では怒ったとき頭突きするのがスタンダードなのだろうか。
日本で他人に頭突きされた経験は記憶にない。
母親が駄々こねる息子に頭突きしていたら驚く。
posted by のびゆく子 at 20:20| 上海 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

故事と爬虫類

昔むかし中国で盾と矛を売る者がいた。
その者曰く、
「この盾はどんな武器でも突き通せない」
「この矛はどんな防具でも貫く」
ある者曰く、
「その矛でその盾を突けばどうなるか」
その者は答えることができなかったそうな。

長い。

学生時代の知人がもっと簡潔に「矛盾」を表現してくれた。
「緞帳って危ないんだぞ。挟まれると死ぬんだぞ。俺何回も挟まれたもん」
とても簡潔。

似た例を最近見た。
「カメに指を噛まれるとちぎれるぞ。僕も良く噛まれるけど、すげー痛い」
・・・彼の指の数が減っていたら、矛盾はないのだけどね。

ところで先日テレビで見た映像。
ワニショーの最中、演者がワニに腕を噛まれた。
噛んだ途端、その人の腕を軸にワニがグルグル回転を始めた。
たまらずその人も一緒に回るが、ワニのほうが早い。
子供の頃から世話されていたその人の腕を、誰も教えてない野生の技でちぎり取ろうとしている。
恐ろしいことだ。
DSC00047.JPG
うちのカメは、噛んでも回らない。
いまのところ。


ちなみに緞帳(どんちょう)とは、舞台の最前面に下ろす幕のこと。
ただの布じゃなくてシャッターみたいな感じ。



posted by のびゆく子 at 23:08| 上海 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

青葉区の怪事件

おとといの毎日新聞の記事。
18日午前10時25分ごろ、横浜市青葉区大場町 コンビニエンスストア「ファミリー○ート青葉大場○店」で、乗用車が店出入り口付近に突っ込んだ。
店内で母親(37)と買い物をしていた同区美しが丘2、同市立小3年(8)が割れたガラス片で頭を負傷するなどして重傷。

今日の朝日新聞の記事。
多くの小中学校で20日、1学期の終業式があった。


けがをした子供は気の毒だが、小学生が授業中のはずのその時間に何をしていたのか気になる。
ただの「とても運の悪い子」だったのだろうか。
能代警察署の二の舞にならないよう、しっかり捜査して頂きたい。
一月後くらいに大どんでん返しが待っているかも知れないから。
実はあれは事故でなく事件で、母親が犯人だったとか。

さすがに無理があるか。
posted by のびゆく子 at 19:42| 上海 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

ミスタードーナッツのCM

「ならんな♪」
軽く言う相武紗希にときめきそうだった。

というわけで、自分のために保存しておこう。



最近オヤジ化が加速しているかも知れない。
posted by のびゆく子 at 01:59| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

嘘つき眞鍋

海外で放送しているバラエティ番組のネタをパクって日本で放送しているケースが時々あるようだ。
パクリと言っても無断ではなく、ちゃんと権利を買い取ってのことらしい。
クイズミリオネアはそうらしい。
最近ではザ・チーターが多分そのタイプだと思う。
(根拠はないので違ったらごめんなさい)

で、なかなか面白いのでゴールデン進出後も録画して見てる。
先週放送分を今頃見たのだが、思いもかけないことがあった。
眞鍋かをりが出ている。

期待していなかったので不意打ちで嬉しい。
しかも麻木久仁子とペアを組んでの登場。
二度美味しい。

眞鍋はかつて二度ほど同番組に出演していたと思う。
が、いずれも何故か序盤で疑いをかけられて追放されて泣いていた。
お前らみんなバーカ!なんて叫んでた・・

今回は怪しすぎる芸人が多くて、なんとなくスルーされた麻木・眞鍋ペアは静かに生き残っていた。
んでラスト2組まで生き延びる。
この時点でもう一組の千原兄弟は麻木・眞鍋がチーターと分かってる。

結局観客をも最後まで騙しきり、麻木・眞鍋が賞金を獲得。
二人の大喜びっぷりが良い。

ザ・チーターはチーターが判明した後でもう一度見てみるのも面白い。
どんな顔して嘘つきまくってるのかを見るのだ。
また眞鍋かをりのウソ付き顔を見てみよう。

いつかウソ付かれたときに分かるように。
posted by のびゆく子 at 03:55| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

電車のワナ続く

太ったかな。
ダイエットしてるんだけど。
って会話してる若い女性二人。
酒飲んで座ってばかりの仕事だから仕方ないよね。
なんて言ってるから、そういう業界の方なんだろう。
だいたい、服も素晴らしい。
風呂上がりかよ。

かばんから、じゃがりこを取り出して食べ始める二人。
そりゃ太るさ。
ストレスも半端じゃないのかもしれないが。

かばんを床に置いて菓子やジュースを取るから、上からも下からも白い下着がよく見える。
目の前にいるから、見えないはずがない。
こんなとき、他の男性と目が合うと気まずい。

サービスはありがたいが、人前ではよしてくれ。

おかげで眠気が覚めた。
posted by のびゆく子 at 21:48| 上海 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

両手に花だが

昔むかし、梅宮アンナ似の美人モデルクラス二人に電車内で挟まれたことがある。
しかも座席の両隣で二人とも寝始め、そろって自分にもたれきた。
これはきっとドッキリカメラだ。と思ったものだ。
そうでなくても、なかなか滑稽な光景だったに違いない。

今夜も両隣に女性が座り、そろって寝始めた。
(モデルクラスではないが若い)
左右から交互にもたれてくる。
以前の二の舞にならないかヒヤヒヤもの。
同時には来ませんように。

結局最後まで二人同時にはもたれて来なかった。
それはそれで、息の合い方が怪しい。
大人をからかうもんじゃありませんよ、お嬢さんたち。
posted by のびゆく子 at 23:33| 上海 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

国連とワールドカップ

日本は国連での北朝鮮制裁の決議を目指している。
そこで、中国やロシアが国連決議に抵抗を示し、拒否権を発動しそうだという。
拒否権。
むかし、社会科の授業で習った気がする。

社会科で習ったことは、大人になると通用しないことがある。
今や人口第2位は神奈川県だったりするし。
常任理事国の拒否権ってまだあったのか。

常任理事国の顔ぶれを見ると、アメリカ・イギリス・フランス・中国・ロシア。
最後の2国はなんか微妙。
今の世界をリードしている顔ぶれには見えない。
中国が入るならインドだって入ってていい。
ドイツやイタリアが入ってないのも不思議。

あ。
ドイツやイタリアは敗戦国だった。
そういう感覚が既に失われていて久しい新人類の自分。
何かのアジア予選で日韓戦とか韓国と北朝鮮とか気にはするが、ドイツとイギリスが試合してるときはそういう因縁を感じているんだろうか。

ドイツは2002年準優勝で今回も3位。
イタリアだって1998年準優勝で今回は優勝。
ずいぶん差をつけられたものだ。
posted by のびゆく子 at 20:24| 上海 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

鳩のチキンレース

夜の駅で電車待ちしてるとき。
こんな時間でも鳩がポッポコ歩いてる。
酔っ払いの嘔吐物をついばんだりしてて、見てられない。

電車がホームに入って来たとき、不意に鳩が飛び立って電車に向かって飛び始めた。
一瞬みんなが息を飲んだし運転士もギョッとしてた。
鳩は寸前でフワリと方向を変えて、衝突を避けた。

新しい鳩の遊びか。
自殺人間でも、線路上を電車に向かって駆けたりしない。
そんな元気ものは自殺しない。
むしろ陽気な酔っ払いがやりそうだ。

そうか。
酔っ払いのゲロを食って、つい酔っぱらってしまったのかも知れない。

というわけで、酔っ払いは駅で見苦しいまねをしないようにしましょうね。
posted by のびゆく子 at 22:16| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

発明家の迷惑な実験

ついにテポドンを発射した北朝鮮。
わざわざ真っ暗な時間帯を選んで実行した。
夜が明ける前なら、実験してもアメリカにバレないと思ったのだろう。
または、何か故障が発生して徹夜で直してたとか。

日本の報道によると、長距離射程のテポドン2は「失敗」して日本海に落ちたという。
失敗して自分ちの庭に落ちるなら許すが、よそ様のお家に落ちたりしないのか。
仮に北朝鮮の四方に海がなく、周りが友好国だけだった場合。
彼らは自信を持って同胞国の上空を通過するミサイルを撃てるのだろうか。

少なくとも日本にとっては標的にされようがされまいが身の危険を感じる。
排泄器官のイカれたやつが、顔の上を跨ごうとしているみたいだ。


近所の風変わりな発明家が珍事件をもたらす、というような可愛い程度ならいいのに。
ブラウン博士(ドク)みたいにね。
posted by のびゆく子 at 14:02| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カードの切り方が人生だ

オダギリジョーがいつも苦悩しているライフカードのCM。
これからどうなるの?というところでCMは終わり、続きはHPで。のパターン。
続きが気になってはいるが、HPで見たことはなかった。
可愛くない後輩編なんか、どの選択肢を選んでもむかつきそうだったし。

で、先月あたりから流れている桜井幸子のマドンナ編はとうとう見てしまった。
CMでの上目遣いと声と仕草に久々にやられたから。

「冒険」「友情」「封印」
順番に全部選択して見れば良いのだが、3つ目を見る頃には慣れてしまっておもしろさを感じないことが多い。
と言うわけで、一番面白そうなのを最初にチョイス。
選び方と選んだものとで、性格が分かりそうなものだと思う。

で、自分が選んだのは・・・

しんみり切なくほろ苦いお話でした。
そういうこともあるよね。しょうがないさ。

ところで、かつてウッチャンナンチャンのバラエティに出ていた桜井幸子も、人妻役をやったりするお年頃。
にも関わらず、見た目はバラエティ時代と変わってないような気がする。
ちょっとすごい。
posted by のびゆく子 at 00:44| 上海 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

中田英寿引退へのひとこと

いつかは必ずあることだし、それは今かも知れないと言う不安な思いはみんな持っていたと思う。
ブラジル戦後のピッチに倒れて動かない姿を見て、日本中が「近々かもしれない」と思っただろう。
中田英寿の引退。

代表を引退する、ということを書いている新聞記事もあった。
が、実際には現役を退くということだった。
一度は代表を引退しながら戻ってきたポルトガルのフィーゴ。
大会前から、終了後の引退を明言しているフランスのジダン。
今ここで現役引退を表明した中田は、どちらとも違っている。
もちろん、敗戦後に代表主将を辞めたベッカムとも。

ちょうどそれを報道していたTV番組で、元テニスプレイヤーの松岡修三がコメントしていた。
「自分は怪我でぼろぼろになるまでやり続けた。伊達公子も中田英寿も、まだまだやれるときに引退する。天才だけに通じる共通の信念があるのかも」
というような内容だったと思う。

テニスとサッカーはちょっと違う。
怪我でぼろぼろになった選手には、本人がやりたくてもやれない事態が待っている。
チームが勝つために、誰を使うか監督が決めるから。
ベンチを温め続け、ベンチにすら入れなくなって、そして引退。
中田にはあまりにも似合わないが現実的すぎる。

やはり今このときに引退するのが最高の選択肢なのだろう。

ただ、ジダンのように大会前に引退表明していたとしたら、この大会がどんな盛り上がり方をしていたのか、すごく気になるところだ。
posted by のびゆく子 at 22:49| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

郵便屋さんとの触れ合い

ポストに手紙を出そうとしたら、ちょうど集配屋さんが回収するところだった。
作業してる目の前で黙って投げ入れるのは感じ悪い。

駅でゴミ箱掃除のおじさんがいるときには、一声かけてから袋に入れさせてもらってる。
そんな感じのタイミング。

ここはひとつ、ゴミではあり得ない「手渡し」にチャレンジしようか。
(この間3秒)


手紙を持って声をかけようとするワタシ。
気配を感じて振り向く集配屋さん。
さっと無言で投函口の前を開けられる。
手渡し拒否の空気。
気が弱いのでそのまま手紙を入れる。

初めての手渡しは失敗に終わった。
小学生とかなら受け取ってもらえただろうか。
残念。

・・・ポストに入ってる郵便物しか扱っちゃダメ、という決まりがあるのかもね。
前向きに解釈。
posted by のびゆく子 at 15:20| 上海 | Comment(3) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。