2006年12月31日

家族達の五輪

朝日新聞の投書欄に、その他の投稿と混じって意外な投書が載っていた。

10年前に17歳の娘が海外に出て行った。
スノーボードの修行に行くために。
平凡でもいい結婚をして穏やかな幸せを掴んで欲しいと願っていた母親からの投書だった。

10年経って、娘さんが「トリノに連れて行くからね!」と言っていたという。
母親はまさか実現するとは思っていなかったようだ。
が、娘さんのがんばりは実り、みごと日本代表に選出されてトリノ五輪に出場していた。

今年は母親にとってもとても嬉しい年。
そんな感じの投書だった。

何気なく掲載されているが、正真正銘 五輪代表選手の母親の投稿なのだ。

どうやら投稿主はこの選手のお母さん。

一人一人の選手だけでなく、家族みんなにとっても大事なイベント。
横峰パパとか荒川パパとかじゃなくても、みんな一人一人のドラマがあった。

来年はどんなドラマが待っているのでしょうか。
まずは北京への戦いが正念場なのですね。
posted by のびゆく子 at 23:02| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

元「なでしこ」ブランド

シドニー五輪のころのサッカー女子日本代表で、一部にアイドル的人気だった川上直子。
ロナウジーニョに似ている他の代表選手とともにバラエティ番組にも出ていた気がする。
いかにも遊びが好きそうな、アスリートというより普通の子に見えた。

今回のアジア大会では、代表に選ばれていなかったらしい。
寄る年波には勝てなかったか。
ベテランになっても歯を食いしばってがんばる姿が想像しにくい。

などと勝手に思っていたら、ついに現役引退のニュースが出ていた。
しかも知らないうちに結婚もしていた模様。
引退後は子供たちにサッカーを教えながら、タレント活動もするらしい。
トークを練習しなきゃ。と語っているそうだ。
なんとなく、矢口真里とかぶってる。

あのなでしこジャパンの中では光っていたけど、タレントとしてはどうか。
でもトークの面白さは未知数。
以前はただの女の子だった。
女子代表の試合で解説者やゲストとして出演することもあるかもしれない。
そこで面白さを発揮してほしい。
あと、ジャンクスポーツに出演する日も近いんだろうな。
日テレ系出身だけど。

というわけで、のびゆく子は川上直子さんも応援しています。
posted by のびゆく子 at 15:58| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

運転席の無線

忘れかけたころに話題が出てくる福知山線の事故。
先日は遺族の女性が自殺した。
こないだは司令室との無線に運転士が気を取られた説が出た。

電車の先頭車両に運転席の音が漏れて来た。
何やら切迫した雰囲気。
前の電車が発車出来ないらしい。
この電車も途中で止まるらしい。
車掌のアナウンスより情報が早い。

しかし、運転士はしっかり前見て運転してね。
前に電車が止まってるからね。

ニュースを見たせいで、少し怖かったのです。
posted by のびゆく子 at 19:31| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

サバの根性焼き

先日の忘年会にて食ったシメサバの炙り焼き。
店員さんが目の前でバーナーを使って焼いてくれる。
で、すかさずレモンを搾って振りかける。



表面はぱりぱりに焼けて香ばしく、中はしっかり冷たいまま。
なんとも妙なる味でした。

いやー
ひたすら美味かった。

posted by のびゆく子 at 23:26| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

危険なオブジェクト

車も通る狭いアーケード街にて、飯を食ってた。
そのとき、外でものすごい勢いのクラクションが響いた。
10秒くらい鳴らしっぱなしのを3回くらい。
死んだおじいちゃんも目を覚ますくらいうるさい。
その後なにやら怒声が聞こえた。
クラクションの人が怒鳴ってるのか、うるさいと思った人が怒鳴ってるのか。

飯を終えて外に出たら、目の前にベンツが停まっていた。
ボンネットの上には、自転車。
屋根にキャリアを積んでるとかではなく、フロントガラスにべったり。
近代美術館に置いてあったら、前衛的な芸術とでも言われるのだろう。
よくみると、ガラスには唾も吐かれている。

このベンツが邪魔で通れなかった車の運転手の仕業か。
または、このベンツのクラクションで追い払われた別の路駐車の仕返しか。

ボンネットの上には何か金属片が乗っかっていた。
どうやら自転車のブレーキレバー。
自転車壊されたのか。
この自転車もクラクションに関係していたのかな。
謎は深まる。

その瞬間にベンツの持ち主が来たら怖すぎるので、写真撮影は出来ませんでした。
お恥ずかしい。
posted by のびゆく子 at 01:32| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

彼女よりおばちゃん

ある日曜日、食べ物屋さんにて。

茶髪ロン毛気味の若いチャラ男と中島美嘉風の女が食事してた。
食後もたばこを吸いながらお互い携帯をいじってて会話もない。
ちょっと気だるい感じの今時カップル。

ふと、男性が立ってレジに向かう。
そしてレジにいた女性に向かって丁寧に頭を下げてる。
相手の女性は、40代前半くらいのおばちゃん。
二人とも笑顔で挨拶を交わし、また男性だけ彼女の元に戻ってきた。

不倫とか浮気とかじゃなさそう。
ってことで、美容師とお客さんか?と予想してみた。
推理としてはいい線いってそうなんだけど。
でも美容師さんが週末の昼に彼女と食事する暇あるか。

まあとにかく、おばちゃんに愛想振りまけるなら、目の前の彼女とも会話しようよ。
posted by のびゆく子 at 16:06| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

命の字

今年の漢字は「命」だそうだ。
いじめ自殺や飲酒運転事故でたくさん人が死んだり、秋篠宮家にお子さんが産まれたからだそうだ。
しかも、得票で3位に入ったのが「生」だそうだ。
どんだけ人が産まれたり死んだりした年だったんだろう。
で、2006年は他の年に比べて顕著に多かったんだろうか。

「毒」「虎」なんかは、その年をよく表していたかも知れない。
「災」もマイナスイメージだが、なかなか。
でも「命」って。
去年じゃダメだったのか。

2位は「悠」だったそうだ。
なんで?と思ったら、秋篠宮家の子が「悠仁」だそうだ。
日本人はそんなに皇室好きなのか。
ほんとにそれだけ票を集めたのか、かなり疑問を感じる。

「公」がどれくらい票を集めたのか、非常に知りたい。
これが選ばれるとしたら2006年が最適だったのに。
素直に悔しい。
posted by のびゆく子 at 20:29| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

アジア大会の困った放送

最近テレビでのスポーツ実況放送について非難の声が多い。
亀田とかバレーとか。
今回のドーハ アジア大会もひどい。

深夜に気が付いたら女子サッカー日韓戦。
勝てば決勝進出という状況で、前半は均衡を保ち後半はゴールラッシュ。
さらにそのあとは陸上でいろんな競技を実況。
沢野や池田や丹野などメダルラッシュ。
そして女子バレー。
これも勝てば決勝進出でメダル確定がかかる。
相手が中国ならいいのに、タイ。
負ける試合は見たくないが、勝つ試合なら話は別。
そして試合開始が夜中の2時。

一体いつ寝ればいいのか。
よく月曜日に出勤できたと思う。
本当に困る。
がんばれ日本。
posted by のびゆく子 at 19:10| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

緑色の紙幣にご注意を

いつのことだか知らないが、セブン銀行のATMが盗まれてたらしい。
ATMから無理に現金を取り出すと、緑のインクで紙幣を汚す機構が備わっているらしく、緑に汚れた紙幣を見かけたら110番してくれとのお願い広告が新聞に掲載されていた。

よくあるリコールの回収広告とは違い、こちらは素直に好感がもてる。
見つけたら是非通報してやりたい。

ところで、何で緑のインクなんだろう。
ドス赤黒い紙幣だったら、セブン銀行のお知らせを見てなくても通報されそうなもんだが。
自動で燃え上がってしまうのもいいかもね。
posted by のびゆく子 at 14:37| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

ハプニング携帯購入 後編

前編はこちら

「お店に車が突っ込んで、しばらく営業できない」
えぇ〜大丈夫?
って、とっくに閉店して家に帰ってる時間だから、怪我はないだろうけど・・
「でね、在庫は○○店に運んだから、そっちに行ってもらえるかな?」
自分の店が大変なときに、なんて心遣い。
ありがとう。

そんなわけで行き先が多少変わったが、後輩と楽しく電車の旅。
自分は毎日通ってる道なんだけどね。
久しぶりに携帯を変えると言うことで、わくわくしっぱなしの後輩。

指定された携帯屋で、後輩が無事に購入完了。
閉店間際の来訪で迷惑かけたけど。
自分の店の始末をしてるんだろうか、携帯屋の友人はそこにはおらず、後輩との顔合わせはならず。
駅に戻る途中で、1年ぶりくらいで別の友人の奥さんと出くわす。
ここに引っ越してきたとは聞いてたが、偶然会うとは驚き。

そして、翌日にこのお知らせ
あと一日遅れていたら、購入できなかったらしい。

良いことも悪いことも、とにかく珍しいことが重なった携帯購入でした。
posted by のびゆく子 at 00:33| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

ハプニング携帯購入 前編

携帯屋さんで働く友達がいる。
その子の店は、安い。
友達には卸値で売ってくれるからもちろん格安なのだが、普通の店頭価格も安い。
あちこちにチェーン展開している店だが、その店は一人店番=店長って規模の小さなタイプ。
1日に10本も売れるような店じゃない。

会社の後輩が902isを買うという。
なんで903iじゃないのか聞くと、出たばかりのは高いからだと。
ちょうど前日に友達の店に遊びに行ってたので、そのとき見た値段を教えてみる。
「そんな安いわけないですよ〜見間違いですよ〜」

信じてくれないので、携帯屋の子に再確認。
やっぱりその値段。
買うならお取り置きしてくれるという。

「ホントですか?じゃあ買いに行きます!」
というわけで、自宅とまったく違うとこにある携帯屋まで買いに行くという。
仲介役と言うことで自分も付き添いに。
仕事帰りに買いに行こうとしてもとっくに閉店しているので、日を決めて早朝出勤&早上がりプランで行くことにした。

携帯屋の子も、売り上げに貢献してくれて感謝だと。
後輩の子も、安い店紹介してくれてありがとだと。
自分も、二人に感謝されて嬉しい。
これぞwin-win。
さらに、退社後は後輩とプチ旅行。
楽しそう。

ところが。
買い物予定日の深夜1時過ぎ。
携帯屋の子からメールが届いた。
「お店に車が突っ込んで、しばらく営業できない」

続くっ
posted by のびゆく子 at 22:55| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

初めての団子

電車内で団子を食べてる子がいた。
串に残った最後の3つめの団子を食べるところだった。
横から口にくわえて、おもむろに串を持った手を離して反対側に持ちかえた。
で、串の根本から団子を引き抜いて食べた。

・・・それが合理的なやり方なのか。
引き抜きやすい方法なのか。
確かに移動距離は短い。
が、指が汚れないか。
手を洗ってなかったら、団子も汚れるぞ。

2本目を食べ始めた。
1つ目2つ目は串から引き抜いた。
が、横からくわえて抜くのではなく、串を正面から口に突っ込んでる。
そのやり方では3つ目が辛い。
3つ目はやはり横から攻めた。
また持ち変えようとしたが、躊躇して止めた。
そして串に刺さったままムシャムシャ。

なんか試行錯誤してる。
初めて串団子を食べてるのかな。
がんばれ。
posted by のびゆく子 at 13:56| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

さて今年の漢字は。

さて今年の流行語大賞が発表された。
イナバウアー。なるほど。
品格。なにそれ。

というわけで次は今年の漢字。
去年は「愛」宮里とか福原とかの活躍が目立ったからだったか。
「マンション耐震強度偽造問題など“愛が足りない事件”が多発した」という説明書きがあったが、ちょっと無理がないか。

ところでイナバウアーでも分かるように、今年はトリノ五輪の年だった。
そして冬季五輪の年は、サッカーW杯の年でもあった。
さらに野球のWBC。
WBC以外では日本惨敗の年であった。

しかも、荒川静香や中田英寿の2人が引退。
スポーツ3大イベントのうち2つを代表する競技から引退。
というわけで「退」を推してみる。
堀江容疑者とか村上容疑者も、会社の第一線から退いたわけだし。
そうそう、それに新庄も引退だ。

新庄と言えば、開幕早々に今期限りの引退を発表し、日本シリーズまでずっと日ハム劇場のような勢いだった。
今年は日ハムの年。
だけど「日」というのはちょっと使いにくそう。
というわけで、「公」というのはどうだ。
まさに今年を象徴する漢字。
「公」
posted by のびゆく子 at 23:55| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

大戸屋によくない風景

「なんで?説明してよ」
「言ってる意味分かんない」
「なに怖い顔してんのさ」
「誰のせいさ」
「もうしゃべんなくていいよ」
「帰りたい」
「いいよ別に」

いい大人が大戸屋で痴話喧嘩してないでくれ。
周りがみんな、いたたまれない顔してるよ。

生のケンカはあいのりよりずっと迫力ある。

男性は女性の腰を横抱きするのやめなさい。
そういうのは大戸屋には似合わないからね。
posted by のびゆく子 at 22:21| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。