2006年06月05日

踊る能代警察署

日本−マルタ戦を見てる最中、ニュース速報のテロップが流れた。
豪憲君殺害事件で近所の女性(33)に逮捕状が出たと。

彩香さんの母に関して週刊誌でいろいろ書かれているのは知っていた。
以前は事件に関して毎日報道されていたが、だんだんテレビに出ることが減っていた。
彩香さんの母が元デリヘル嬢だとか虐待があったとかの週刊誌の見出しを中吊り広告で見かける程度だった。
ちょっと変わったことがある人かも知れないけど、娘を亡くした母に対してひどいなぁと思っていたのだが。

隣近所の人も、不審がっていた。
そんなインタビュー映像が続々報道される。
もう、犯人にしか見えない。
同期は分からないけど、警察も動いたことだし、きっとそうなんだろう。
そうとしか思えない。

で、あり得ないと信じてはいるが、無理に逆説を考えてみる。
彩香さんの事故を再捜査したくない。
豪憲君が殺害された。
彩香さんの件を事故扱いしたことで、警察の失態にされかねない。
どんな犯人が逮捕されても、初動の遅れのために豪憲君殺害を防げなかったという批判は免れない。

警察の誰かが思いつく。
彩香さんの母を犯人にすれば一石二鳥ではないか。

だったら怖いですね。
でも、今起こってる現実は、既に小説より奇ですから。
posted by のびゆく子 at 23:57| 上海 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18887105
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ホーム/2006-06-06
Excerpt: おはようございます。軽く酒が残っているような、そんな朝を迎えています。二日酔いまではいきませんが、明らかに体内の水分が足りないような気がします。昨晩は村上氏がインサイダー取引の疑いで逮捕されたという衝..
Weblog: とんかつ3号 隠れ亭
Tracked: 2006-06-06 08:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。