2007年02月26日

バラエティ番組の字幕

「世界一受けたい授業」という番組がある。
土曜の夜だったと思う。
サイエンスZEROもそうだが、こういう番組も楽しい。
時間帯的に家にいないことが多いので、気が付いたときには録画して見ることもある。

そんな数少ないお気に入り番組だが、一つ気になることがある。
出演者のほとんどのセリフがまるごと字幕テロップで表示されること。
大げさではなく、ほとんどまるごとテロップになっている。

バラエティ番組でテロップが頻繁に表示されるようになって久しい。
とんねるずの生ダラで輪島さんの天然ぼけにテロップを付けたのが始まりだとか。
でもほんとに「世界一〜」はテロップだらけ。
やりすぎじゃないか。

そんな風に考えていた。

日本語の映画にも、字幕を付けよう。
付けて欲しい。
そんな声があることを、今夜初めて知った。
言われてみればもっともなことで、言われるまで気が付かなかった。
映画「バベル」の話題で盛り上がっていたおかげでそれを知った。

字幕付きなら見ない。
そんなお客離れを心配して配給会社も悩みどころだという。
それなら、こちらが出来ることは、字幕付き映画でも見ること。
字幕を付けてあげたりなんて出来ないから。

「世界一〜」も、もしかしたらこういう意味での全セリフテロップなのかも知れない。
良い番組だからこそ、みんなに見て欲しい。
そんな意図なんだろう。

お笑い芸人の漫才にも全部テロップを付けている番組がある。
芸人のしゃべりが台無しじゃないか、と疑問に思ったことがある。
でもそれは考えが足りなかったかも知れない。

やるね。民放バラエティ。
posted by のびゆく子 at 23:24| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34762193
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。