2007年04月16日

唸れオキシライド!

電動歯ブラシを使っている。
有名ブランドの1万円以上するような本格的なモノじゃなく、ヨドバシのレジに置いてあった1本600円の安物。
これが意外と使いやすく、600円で十分と思わせるモノ。

充電式ではないので、乾電池を交換して使う。
先日もなんかパワーが弱くなってきたなーと思ってたら、電池が切れた。
そこで買い置きしてあった乾電池に入れ替える。
それがオキシライド乾電池。

噂に聞くハイパワー乾電池オキシライド。
交換前とは比べ物にならないくらい強力。
歯磨きも歯茎のマッサージも完璧。

オキシライドの強さについて詳しく知りたい人は、「オキシライド ドライバー日記」で検索してください。
勉強になります。
posted by のびゆく子 at 01:05| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

パトレイバーと地名

昔むかしパトレイバーという漫画を読んだ頃は地方都市で暮らしていた。
だから主人公と同じく東京の地名が分からず、最初のエピソードで昭和通りとか蔵前橋とか言われても何にも分からなかった。
かろうじて上野公園を知ってるだけで、それも名前を知っているだけ。

今になって読み返してみるとスムーズに話が分かって面白い。
が、こんなの地方に住む子には伝わらなくてもったいない。
細かい作り込みが丁寧で面白い要素なのに。

で、13号が上陸するのをがんばって阻止してたあたりが新木場駅周辺。
なるほどこれも今なら位置がよく分かる。
その中で、「辰巳、葛西、岡ジャンクションの間3.5km」という言葉が出ていた。
むかしは何気なく読み飛ばしていたのだが、今は違和感を感じる。
岡ジャンクション?
辰巳・葛西の両ジャンクションの間3.5kmと言いたかったのではないか。
つまり誤植。

漫画のセリフは漫画家が手書きで書いてあって、別の人が植字すると聞いたことがある。
ゆうきまさみは両ジャンクションと書いたのだが、あとで岡ジャンクションと読み間違えられたのではないか。
きっとその人も地方出身だったに違いない。

自分が見たのは単行本でのお話。
DX版では修正されていないかな。
posted by のびゆく子 at 01:53| 上海 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

ハッピーバースデイ

毎年じゃないが、健康診断で検便を行うときがある。
対象者には、便の採取用キットが事前に配られる。
水洗トイレに流せる紙のシートと、注射器のような採取器具。
シートの上で用を足して、採取器具でチョチョイと入れるわけだ。

今朝は会社のトイレで目を疑った。
検便採取用のシートが、便器に広げられたまま放置されている。
そしてシートの上にはこんもりとソレが。

採取された後もしっかり残っている。
・・・かどうかまでは確認しなかった。

がんばって採取して、満足して引き上げた誰かがいるんだろう。
よほど便をいじる作業でテンパってたのか。
どんな会社だ。


タイトルと本文は関係ありません。
posted by のびゆく子 at 23:55| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

不可逆変換2回セット

NATIONAL GEOGRAPHIC というCS系のチャンネルがある。
その中で「衝撃の瞬間」という番組があって、世界の大事故や災害の様子をドキュメンタリーで描いている。
タイタニック号の事故とか9.11だって扱っていたと思う。

あるとき取り上げられていたのが、阪神淡路大震災。
現場で働いた消防士やガレキに埋もれた体験を持つ人たちのインタビューがあった。

彼らは日本語で話す。
番組は英語なので、吹き替えの英語音声が上からかぶせてある。
さらに日本で放送するために日本語の字幕がある。
ご苦労さまなことだ。

koube

もちろん、彼らの肉声も聞こえるのだが、字幕と正確には合っていない。
が、勝手な吹き替えが行われていた訳じゃない。
ちょっと安心。

posted by のびゆく子 at 21:31| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

ミスタードーナッツのCM

「ならんな♪」
軽く言う相武紗希にときめきそうだった。

というわけで、自分のために保存しておこう。



最近オヤジ化が加速しているかも知れない。
posted by のびゆく子 at 01:59| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

嘘つき眞鍋

海外で放送しているバラエティ番組のネタをパクって日本で放送しているケースが時々あるようだ。
パクリと言っても無断ではなく、ちゃんと権利を買い取ってのことらしい。
クイズミリオネアはそうらしい。
最近ではザ・チーターが多分そのタイプだと思う。
(根拠はないので違ったらごめんなさい)

で、なかなか面白いのでゴールデン進出後も録画して見てる。
先週放送分を今頃見たのだが、思いもかけないことがあった。
眞鍋かをりが出ている。

期待していなかったので不意打ちで嬉しい。
しかも麻木久仁子とペアを組んでの登場。
二度美味しい。

眞鍋はかつて二度ほど同番組に出演していたと思う。
が、いずれも何故か序盤で疑いをかけられて追放されて泣いていた。
お前らみんなバーカ!なんて叫んでた・・

今回は怪しすぎる芸人が多くて、なんとなくスルーされた麻木・眞鍋ペアは静かに生き残っていた。
んでラスト2組まで生き延びる。
この時点でもう一組の千原兄弟は麻木・眞鍋がチーターと分かってる。

結局観客をも最後まで騙しきり、麻木・眞鍋が賞金を獲得。
二人の大喜びっぷりが良い。

ザ・チーターはチーターが判明した後でもう一度見てみるのも面白い。
どんな顔して嘘つきまくってるのかを見るのだ。
また眞鍋かをりのウソ付き顔を見てみよう。

いつかウソ付かれたときに分かるように。
posted by のびゆく子 at 03:55| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

カードの切り方が人生だ

オダギリジョーがいつも苦悩しているライフカードのCM。
これからどうなるの?というところでCMは終わり、続きはHPで。のパターン。
続きが気になってはいるが、HPで見たことはなかった。
可愛くない後輩編なんか、どの選択肢を選んでもむかつきそうだったし。

で、先月あたりから流れている桜井幸子のマドンナ編はとうとう見てしまった。
CMでの上目遣いと声と仕草に久々にやられたから。

「冒険」「友情」「封印」
順番に全部選択して見れば良いのだが、3つ目を見る頃には慣れてしまっておもしろさを感じないことが多い。
と言うわけで、一番面白そうなのを最初にチョイス。
選び方と選んだものとで、性格が分かりそうなものだと思う。

で、自分が選んだのは・・・

しんみり切なくほろ苦いお話でした。
そういうこともあるよね。しょうがないさ。

ところで、かつてウッチャンナンチャンのバラエティに出ていた桜井幸子も、人妻役をやったりするお年頃。
にも関わらず、見た目はバラエティ時代と変わってないような気がする。
ちょっとすごい。
posted by のびゆく子 at 00:44| 上海 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

音ゲー「サリング CIRRING」

人づてに教えてもらったFLASHゲームが面白い。
「サリング」

音楽に合わせて画面上にリングが現れる。
そこにカーソルを順に合わせていくだけ。
タイミングよく合わせると、ちゃんと音も鳴る。

stage3start
(画面イメージ)

どうやらFLASHゲームコンテストのようなものの応募作品らしい。
今時の若者はいい物を作るね。

3曲用意されていて、難易度別に計6ステージが楽しめる。
続編を作成する気があるかどうか知らないが、ぜひお願いしたい。


とはいえ、未だに最終ステージをクリアできていない。
HARDモード「激」の2面目まではクリアできたのだが・・

stage2clear
(大変でした)

〜〜5月27日追記〜〜

stage3clear
(もっと大変でした)

最後のヒステリックなシーケンスは、「こいつクリアさせる気ねーな!?」と思わせるものでした。
posted by のびゆく子 at 03:33| 上海 | Comment(5) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

初めての着うた作成 for SO902I

初めてFOMAに変更した。
おかげで今まで出来なかったことがたくさん可能になった。
パケホーダイが特にありがたい。
それに、iモーション。

faithの曲を知って(4/2の記事参照)更に着メロもDLしてみた。
が、なんだか今更着メロでは物足りなかった。
そこで、iモーションを自作して携帯に転送してしまえと言うわけで。
auの着うたフルには及ばないが、しっかり着うた扱いできる。

必要な道具や手順は、解説サイトがたくさんある。
wavやmp3で資材を用意して、30秒程度に切り取り、iモーション形式(3gp)に変換して、さらに着信音設定できるようにほんの少しだけ加工。
全部PC付属アプリかフリーソフトを使い、最初は2時間で準備から携帯転送まで終わった。
その後はテンポ良く、1曲10分もかからない。

いい曲を知ったことと、携帯を新しくしたことの二重の喜びでがんばってみた。
メール着信は懐かしの浅倉大介になりました。
posted by のびゆく子 at 23:59| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

やっぱり機械は人間にかなわない

昔から時々聴いたことのある曲で、でも曲名も演奏者も知らないと言う曲があった。
学生時代にたまたま麻雀中にその話題を出したところ、あっさりと答えられて嬉しいやら驚いたやらという経験がある。
ちなみにそれで知ったのがkobaだった。

今時はなんでもネットで調べられる。
が、歌手名も曲名も分からない状態ではなかなか難しい。
せめて聞いたことのある声だったらなんとかなるのだが。

それでも、凡人には考えられないような匠たちが集う場所がある。
そこでは新規なものなんて何もない。
既に誰かが同じような探し物をして、既に誰かがズバリと回答しているに違いない。

と言うわけでそこを探してみた。
自分の探しているのと同じ曲を探してた人が2人いた。
どちらも記憶をたどって頼りないヒントを出している。
そして、どちらもズバリと回答をもらっている。
おかげで自分はまんまと歌手名や曲名やその他も獲得できた。

まったく、よくあんなヒントだけで分かる人がいるものだ。
どんな検索サイトでもこんなキーワードから導き出すのは無理だろう。
巨匠の技に感謝。


ちなみに、2人が出してたヒントはこんな感じ。

ヒント1:
・結構新しめの曲
・「深く感じとる」「このメロディ」とゆうフレーズがある
・女性ボーカル(二人組かも)
・なかなかテンポのいい曲

ヒント2:
【ボーカル】女声 20代?
【ジャンル】J−POP スローテンポなR&Bっぽい感じでした  
【いつごろ聞いたか】半年くらい前です
【どんなメディアで聞いたか】 有線放送
【聞き取れた歌詞】 花よ(?) メロディ  でしょう。

            1番2番が滅茶苦茶かもですがサビが
            ???ー ?ー??? はなっよお
            ???ー ?ー??? メロッディ
            ???ー(3小節位間奏)
            ???ッ ??ッ でっしょう


答えは
faithの「2girls 〜in the sepiatone〜」 でした。

〜蛇足〜
posted by のびゆく子 at 11:45| 上海 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ちょっとだけ

新聞の投書欄で読んだ話で、強く印象に残っているものがある。


夜遅くに旦那さんが帰って来た。
そしてすぐに居間の隣の寝室へ行ってしまった。
奥さんがフスマの隙間から覗くと、もう寝ようとしてた。

疲れてるんだろう、と思ってたら、声をかけられた。
「ちょっと抱きしめてくれ」

何か辛いことでもあったのだろうか。
奥さんは何も聞かず、優しく抱きしめてあげた。

「何してんだ!暑いだろ!」


ちょっとだけ(フスマを)閉めてくれ を聞き間違えたらしい。


そんな50過ぎのご夫婦のお話。


いつまでも仲良くしてね。
posted by のびゆく子 at 21:50| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

喫煙マナーのステキな広告

電車の中で見かける喫煙マナー喚起の広告がある。
とっても皮肉たっぷりで少しシュールなあの緑色の広告。
「靴底で火は消えるけど、吸い殻は消えない」
「捨てる人は拾わない。捨てない人が拾ってる」
「肩がぶつかったら謝るのに、煙がぶつかっても謝らなかった」

JTが自ら展開しているマナー広告らしい。
サイトに全部載っていた。
見たこと無いのもある。

知識の泉 Haru’s トリビア」の記事で知ったのだが、どうやら日本全国で見られるものじゃないらしい。
他のサイトでも、こんなの見たこと無いとか書いてあった。

海外のサイトでも紹介されてるくらいなんですけどね。
肝心の国内知名度は今ひとつのようで。

posted by のびゆく子 at 13:03| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

泣けるFLASHでは泣こうよ

昼休みに誰かの席からHYの「Song For...」が聞こえてきた。
ヘッドフォンを刺してたはずが、抜けそうになってたらしい。

で、そいつの席を覗いてみたら、やっぱり「Disappointed Love」を見ていた。
※オリジナルサイトは無くなったようなので、リンク貼ってません。
 pya!にはまだあります。

こいつ。昼休みに職場で泣いても知らないぞ。
とか思いながら様子を伺っていた。
自分は画面を見ないようにしながら。

FLASHの再生が終わったときにそいつの顔を覗き込んでみたが、なんともなかった。
あれ。おかしいぞ。
「いや〜さすがに泣きませんよ」
とか言ってる。

自分がおかしいのかな?
年を取ると涙腺が・・・
posted by のびゆく子 at 15:51| 上海 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

ATバイクがつなげる輪

買い物にコンビニへ出かけたとき、駐車場にATバイクで入ってきた人がいた。
250ccくらいのやつで、最近流行ってるらしい。
黒くてぴかぴかの新車っぽい。

たまたま店から出てきたおやぢ(全然かっこよくない系)が興味を示し、あれこれ聞いていた。
運転してた彼は、面倒くさいながらも悪い気はしないのだろう。
いちいち丁寧に答えてあげていた。
おやぢの結論は、「かっこいいね〜」
と言うわけで、彼が店内に入ってからもしげしげと眺めてから去っていった。

彼が買い物を終えて出てきたとき、普通のバイクに乗ったやんちゃ系兄さんがやって来た。
ATの隣に停めて、乗ろうとしてた彼に声をかける。
「かっこいいっすね」
彼も兄さんに「どうも」と会釈。

真面目そうな好青年とパッとしないおやぢとやんちゃな兄さんと、仮にコンビニ内ですれちがっても会話なんてあり得ない組み合わせ。
だけどバイクを媒介にコミュニケーションが生まれる偶然。
よけいなお世話だけど、そんな光景をほのぼのと眺めさせていただきました。

先週のR25でも紹介されていた、ATバイク。
まだまだ流行っていきそうです。
posted by のびゆく子 at 00:19| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

電車男マンガが乱立

節操がないと思えるほどいろんな出版社が飛びついた電車男のマンガ版。
コンビニのマンガコーナーでは、3種類の電車男単行本が丁寧に並べられていた。

第一巻がでるのがほぼ同時。
確か連載開始もほぼ同時期。
書籍化されて予想以上に売れているのを見て、3社が同時に飛びついたのがよく分かる。

読み比べてみた。
自分が一番読みやすいのは、原秀則のヴァージョンだった。
冬物語とか部屋においでよとかの人。

原秀則のマンガはとても面白いのだが最後にどうにも悲しくてしょうがない結末が待っている。
登場人物に強く共感するほど、その結末がつらくて読後が苦しい。
だから、ここ数年は原秀則のマンガは読んでない。

電車男の場合、ネットのまとめサイトを読んだことがある。
だからマンガを読んでも先がハッピーエンドだと分かる。
原秀則のマンガでハッピーエンドなんて、面白くて当たり前。
安心して読める。

でも。

やっぱり最後にダークエンドな電車男を少しだけ期待しています。
posted by のびゆく子 at 23:43| 上海 | Comment(2) | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

失敗事例データベースの微妙なバランス

以前から試験公開されていた「失敗事例データベース」が正式公開された。
先人の失敗から学んで役立てようという趣旨のようだ。
が、ぼんやり眺めていると「事件事故データベース」のように思えてくる。

ここの売りは、ほんわかした「代表図」かも知れない。
例えばドイツの飛行機衝突事故では、幼稚園児が描いた夢のある飛行機の絵に見えなくもない。
直後に緊迫した事故当時の様子が描写されているのと対照的。
どういう気持ちで描いたんだろうか。


ところで、飛行機の墜落とか橋の崩落とかは、原因を学んで将来繰り返さないために役立てられるだろう。
だけど、ニューヨークのツインタワー崩落なんて載せられても、何を学ぶんだろう。
あんなのを想定してビルなんて建てられないと思うのだが。
それとも、ああいう連中を敵に回さないようにするという教訓だろうか。

淡々と語られる事件事故事例とほのぼのタッチの挿絵とさわやか系のサイト図。
そしてまんだら。
事例を読んで必要以上に落ち込まないようにの配慮だろうか。

以外と読み応えのある失敗事例データベース。
少しお勧め。
posted by のびゆく子 at 19:41| 上海 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

自分の音

歩き方にクセがある。
静まりかえった夜中に、サンダルでマンションの廊下を歩いたりするとよく分かる。

ずる、ぺたん。
ずる、ぺたん。

右のかかとを擦る ずる。
左は全体で ぺたん。

地面を踏む時の足の甲の角度が違うのだろうか。
少し意識して歩いてみても、容易に治らない。
ずる、ぺたん。

いっそのこと、楽しんでみる。
これがぼくの足音だ。

まだ遠くを歩いてるのに、足音を聞き分けて愛犬が玄関でお出迎え。
いつか来るそんな日のためにも、足音を鍛えておこう。
posted by のびゆく子 at 23:18| 上海 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

まな板の上の(心理)

ふと思い出した。
昔はやった心理検査。
出典は忘れた。

あなたはお魚です。
まな板に載せられて、これから調理されようとしています。
包丁を持った料理人がやって来ました。
料理人に向かって一言。

「××××××××」

あなたはなんと言いますか?

続きを読む
posted by のびゆく子 at 23:58| 上海 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

リョウマガユク

読書してますか?
してます。
通勤電車の中で読む程度ですが。

どんなのを読んでますか?
司馬遼太郎。
だけど、「竜馬がゆく」だけです。

通勤電車の友は、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」です。
文庫で8冊。
1冊目からのんびりと8冊目まで。
一体どれくらい時間をかけて読んでるんだろう。
半年くらいかな。
そのサイクルを5〜6回は繰り返してる。
そう。最後まで読んだらまた最初から読み返す。

1冊の本を何度も読み返すのは飽きるかも知れない。
でも、これだけ長いとなかなか飽きが来ない。
長さだけがおもしろさの理由ではないけど。

で、たまに面白そうな本を見つけても、とりあえず8冊目まで読み終えないと浮気できない。
1冊目に戻る前に、気になってた本はないかよく思い出す。
というわけで、司馬遼太郎8と司馬遼太郎1の間が西原理恵子だったりピーター・フランクルだったり。

「竜馬がゆく」の面白さは全然伝えてないけど、何度でも読める便利さがあるよということで。
同じようにリピートして既に10回以上という人もいる。
いつもそればっかり、と言うわけではないだろうが。

不思議と、他の司馬遼太郎を読む気がなかなか起きない。
やっぱり長いからかなぁ。
posted by のびゆく子 at 03:57| 上海 | Comment(0) | TrackBack(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月15日

何処かで聞いた話(兄貴のでたらめ)

あるデパートでの出来事。
幼い弟がトイレからなかなか出て来ない。
兄が様子を見に行くと、弟は泣きながら手を洗っていた。

「ちゃんとあらってるのにどうしてもせっけんが出てくるよ」

手をかざすと水や洗剤が出てくる洗面所で、兄は「手が汚れてると石鹸が出てくる」と嘘をついことがあるらしい。



ちなみにぼくもこんな弟でした。
posted by のびゆく子 at 21:52| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。