2007年01月16日

不二家内定者の今後は

店頭から不二家の製品が続々と姿を消している。
不二家愛好家のために不二家専門店を開いたら、繁盛するかもしれない。
通販で全国に流通させるといい。

で、このままだとほんとに不二家の存続が危なくなるだろう。
不二家自身が内部文書で言ってたことだが、2000年の雪印事件を思い出させる。

当時、友人の弟さんが雪印に内定が決まっていた。
しかし集団食中毒事件で会社の存続すら危うくなってしまった。
弟さんは他の食品会社の内定ももらっていたので、そちらにどうにかならないかお願いしてみた。
「それは災難でしたね。では、うちに来て下さい」
その会社は快く弟さんを入社させてくれた。
2000年6月くらいの話。

今はもう1月。
4月に不二家への入社が決まっていた学生はたくさんいるだろう。
いまさら他の会社が拾ってくれるかどうか。
なんとも気の毒でしょうがない話だ。

だいたい年に20人程度の新採用を行っていたらしい。
2007年度の採用活動は休止したようだ。

どうしても行き場所が見つからないという不二家入社予定だった女性の方。
なんなら私が衣食住の面倒を見ますよ。
ペコちゃんのコスプレなんてさせませんから。
posted by のびゆく子 at 15:18| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

どんくさい生き物グランプリ

久々に亀の話。

水槽内に石巻貝というのを放っている。
コケを食べてくれるので、水槽が綺麗に保たれるように。
雑食の亀と一緒に入れて大丈夫かどうか心配だったが、無事に同居してくれている。

いつもじっとしてて動かなそうな貝だが、見るたびにその位置を変えている。
貝なりに必死で餌(=コケ)を探しているんだろう。
その貝が、狭い水槽内にいながらたまに姿を消すことがある。

よーく探してみたら、いた。
kai1

更に拡大
kai2

ハエがとまる、という表現がある。
貝にとまられた亀。
生き物としてそれはどうなんだろう。
水槽の壁から貝が移ってくる間、じっと待っていてあげたのだろうか。

まあいいか。
せっかくだから甲羅を綺麗にしてもらいなさい。

・・・甲羅に穴を開けられたりしないよね。
posted by のびゆく子 at 13:43| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

お年玉奪取未遂

新年早々、仕事中に夜食を買いに出る。
そこで店員さんがレジを打ち間違えて固まってた。
他の店員さんが暗算しておつりを教えてくれたのだが、すかさず「違う」と私。
電卓を持ち出して計算し直して、正しいおつりを頂きました。

正しいと言ってもレシート通り50万円ももらったわけじゃないけどね。
regi

叶姉妹でもコンビニ弁当で50万円は買わないだろう。
posted by のびゆく子 at 02:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

バチ当たりたち

10年くらい前、みかんが豊作の年があった。
路上の市でみかんを山盛りにしてその1山が100円で買えた。
学校へ行く前にはみかんを買って行くのが日課だった。

それが、朝市でみかんを売らなくなった。
あまりにみかんが安くなりすぎて、運送のトラック代も稼げなくなったのだそうだ。
出荷すればするほど損をする。
だから、売らない。
みかんは捨てられたのだろう。

今でも時々そういうことがある。
去年は確か白菜かキャベツか大根か何かがそんな目にあっていた。
(要はよく覚えていない)
生産者の方が泣きながら白菜をトラクターでつぶしていたそうだ。
減反とはまるっきり違う話。

鯨を捕るなとか言ってる団体のかたがた。
こういうのを買い取って、不足している国々に運んでいただきたい。
日本がやったっていいと思う。

こんなのが隣国に知られたら、ミサイルが飛んでくるかもしれないからね。
posted by のびゆく子 at 01:14| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

家族達の五輪

朝日新聞の投書欄に、その他の投稿と混じって意外な投書が載っていた。

10年前に17歳の娘が海外に出て行った。
スノーボードの修行に行くために。
平凡でもいい結婚をして穏やかな幸せを掴んで欲しいと願っていた母親からの投書だった。

10年経って、娘さんが「トリノに連れて行くからね!」と言っていたという。
母親はまさか実現するとは思っていなかったようだ。
が、娘さんのがんばりは実り、みごと日本代表に選出されてトリノ五輪に出場していた。

今年は母親にとってもとても嬉しい年。
そんな感じの投書だった。

何気なく掲載されているが、正真正銘 五輪代表選手の母親の投稿なのだ。

どうやら投稿主はこの選手のお母さん。

一人一人の選手だけでなく、家族みんなにとっても大事なイベント。
横峰パパとか荒川パパとかじゃなくても、みんな一人一人のドラマがあった。

来年はどんなドラマが待っているのでしょうか。
まずは北京への戦いが正念場なのですね。
posted by のびゆく子 at 23:02| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

元「なでしこ」ブランド

シドニー五輪のころのサッカー女子日本代表で、一部にアイドル的人気だった川上直子。
ロナウジーニョに似ている他の代表選手とともにバラエティ番組にも出ていた気がする。
いかにも遊びが好きそうな、アスリートというより普通の子に見えた。

今回のアジア大会では、代表に選ばれていなかったらしい。
寄る年波には勝てなかったか。
ベテランになっても歯を食いしばってがんばる姿が想像しにくい。

などと勝手に思っていたら、ついに現役引退のニュースが出ていた。
しかも知らないうちに結婚もしていた模様。
引退後は子供たちにサッカーを教えながら、タレント活動もするらしい。
トークを練習しなきゃ。と語っているそうだ。
なんとなく、矢口真里とかぶってる。

あのなでしこジャパンの中では光っていたけど、タレントとしてはどうか。
でもトークの面白さは未知数。
以前はただの女の子だった。
女子代表の試合で解説者やゲストとして出演することもあるかもしれない。
そこで面白さを発揮してほしい。
あと、ジャンクスポーツに出演する日も近いんだろうな。
日テレ系出身だけど。

というわけで、のびゆく子は川上直子さんも応援しています。
posted by のびゆく子 at 15:58| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

運転席の無線

忘れかけたころに話題が出てくる福知山線の事故。
先日は遺族の女性が自殺した。
こないだは司令室との無線に運転士が気を取られた説が出た。

電車の先頭車両に運転席の音が漏れて来た。
何やら切迫した雰囲気。
前の電車が発車出来ないらしい。
この電車も途中で止まるらしい。
車掌のアナウンスより情報が早い。

しかし、運転士はしっかり前見て運転してね。
前に電車が止まってるからね。

ニュースを見たせいで、少し怖かったのです。
posted by のびゆく子 at 19:31| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

サバの根性焼き

先日の忘年会にて食ったシメサバの炙り焼き。
店員さんが目の前でバーナーを使って焼いてくれる。
で、すかさずレモンを搾って振りかける。



表面はぱりぱりに焼けて香ばしく、中はしっかり冷たいまま。
なんとも妙なる味でした。

いやー
ひたすら美味かった。

posted by のびゆく子 at 23:26| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

危険なオブジェクト

車も通る狭いアーケード街にて、飯を食ってた。
そのとき、外でものすごい勢いのクラクションが響いた。
10秒くらい鳴らしっぱなしのを3回くらい。
死んだおじいちゃんも目を覚ますくらいうるさい。
その後なにやら怒声が聞こえた。
クラクションの人が怒鳴ってるのか、うるさいと思った人が怒鳴ってるのか。

飯を終えて外に出たら、目の前にベンツが停まっていた。
ボンネットの上には、自転車。
屋根にキャリアを積んでるとかではなく、フロントガラスにべったり。
近代美術館に置いてあったら、前衛的な芸術とでも言われるのだろう。
よくみると、ガラスには唾も吐かれている。

このベンツが邪魔で通れなかった車の運転手の仕業か。
または、このベンツのクラクションで追い払われた別の路駐車の仕返しか。

ボンネットの上には何か金属片が乗っかっていた。
どうやら自転車のブレーキレバー。
自転車壊されたのか。
この自転車もクラクションに関係していたのかな。
謎は深まる。

その瞬間にベンツの持ち主が来たら怖すぎるので、写真撮影は出来ませんでした。
お恥ずかしい。
posted by のびゆく子 at 01:32| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

彼女よりおばちゃん

ある日曜日、食べ物屋さんにて。

茶髪ロン毛気味の若いチャラ男と中島美嘉風の女が食事してた。
食後もたばこを吸いながらお互い携帯をいじってて会話もない。
ちょっと気だるい感じの今時カップル。

ふと、男性が立ってレジに向かう。
そしてレジにいた女性に向かって丁寧に頭を下げてる。
相手の女性は、40代前半くらいのおばちゃん。
二人とも笑顔で挨拶を交わし、また男性だけ彼女の元に戻ってきた。

不倫とか浮気とかじゃなさそう。
ってことで、美容師とお客さんか?と予想してみた。
推理としてはいい線いってそうなんだけど。
でも美容師さんが週末の昼に彼女と食事する暇あるか。

まあとにかく、おばちゃんに愛想振りまけるなら、目の前の彼女とも会話しようよ。
posted by のびゆく子 at 16:06| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。